読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少女だったころのあなたへ

自己愛性人格障害の父と筋ジストロフィーの母のもとで育った女の子の話。

変わり者の父-1

私の父はとても変わっている。

 

 

 

小さい頃から、物心ついた頃から

 

私は彼のことが嫌いだった。

 

 

 

世間の幼い娘は、「パパと結婚する」とか

 

いう子がいるみたいだけど

 

私には無縁だった。

 

 

 

 

 

 

なにが嫌いなのか、

 

全て嫌いだった。

 

 

 

 

 

小さい頃から父は母によく腹を立て

 

家の中で怒鳴りちらしていた。

 

 

私はそれが嫌いで

 

始まると怖くてその場から逃げていた。

 

 

でも階段の踊り場に隠れたりして

 

息を潜めながら父が母に怒鳴り散らすのを

 

震えながらずーと聞いていた。

 

 

ときには声を殺して泣きながら聞いていた。

 

聞くのはつらいのに

 

聞かずにはいられなかった。

 

なんでかは覚えていない。

 

 

母のことが心配だったのかもしれない。

 

 

 

 

 

母のことは好きだった。

 

 

 

「なんでお父さんと結婚したの?」

 

「お父さんと離婚したら?」

 

 

幼稚園児だか、小学校低学年だかのとき

 

母に聞いたことがある。

 

 

本気で父がいない生活を望んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

「もしお父さんと結婚してなかったら

あなたは生まれてなかったのよ。」と

 

穏やかに母は答えた。

 

 

 

 

「それでもいいからお父さん嫌だな。」