読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少女だったころのあなたへ

自己愛性人格障害の父と筋ジストロフィーの母のもとで育った女の子の話。

変わり者の父-3

 

小学校中学年の頃、自分の部屋をもらった。

 

 

それまではリビングに勉強机を置いていて

 

自分の部屋はなかった。

 

 

 

 

念願の勉強机だった。

 

 

 

 

でも自分の部屋の中に父のクローゼットがあった。

 

 

だから毎日いつでも父が勝手に出入りをする。

 

 

何故そこにクローゼットがあるかと言えば

 

我が家にそこしかないからだった。

 

 

 

 

 

 

不満を言ったことがある。

 

「クローゼットをどこか他へやってよ。」

 

「散らかっているスーツを片づけてよ。」

 

「ドアを開けっ放しにしないでよ。」

 

 

そうしたら、

 

 

「この家は誰の家だと思っているんだ!」

 

「誰のお蔭で飯を食ってると思っているんだ!」

 

「嫌ならいつでも出ていけ!」

 

と怒鳴られた。

 

 

 

 

このとき私は10歳くらいだったと思う。

 

 

この家は誰の家だと思っているんだ

誰のお陰で飯を食ってると思っているんだ

→たしかになと納得した

 主は父で、逆らってはいけないと学んだ

 

嫌ならいつでも出ていけ

→出て生きたいよ

 こんな父親、私選びたくなかったよ

 

 

 

 

 

 

この頃から私は自殺願望があった

早く死にたいと思って毎日小学校へ通っていた

 

ときに遺書を泣きながら書いたり、

 

飛び降りたら死ねるかと考えながら

窓の外を眺めていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このときの私の父の発言

 

「だれのお陰で飯・・」云々

 

私が反論したときも、誰のおかげで学校いけてると思ってるんだ。学校やめさせることなんか今電話すれば、すぐにできると言われるので、もう無理です。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

 

 

同じ発言を受けている大学生の女の子がいた。

 

私の父と全く同じだ。

 

 

 

 

 

このYahoo!知恵袋に「モラハラ」だという回答を

 

されているのを見て

 

 

 26歳の私、涙が止まらなくなった。

 

 

 

 

 

 

私は今日まで苦しんで生きてきたけど

 

苦しいと感じていてよかったんだ。

 

 

 

 

思春期を越え、大人になっても

 

父を好きになれることはなかった。

 

父を嫌いだと話すと、周囲から

 

「幼稚だ」

 

「親不孝だ」

 

「めぐまれた生活をしているのに我儘だ」

 

と罵られてきた。

 

 

 

 

 

 

親である父を愛せない私は異常なのか

 

と今日まで自分を責めてきた。

 

 

 

 

この日常が苦しい

 

父を憎んでいる

 

愚かな自分にまた苦しんでいた。

 

 

 

 

 

 

私は今日大きく救われた。

 

 

 

 

 

 

父を愛せない自分を正当化したら

 

ネットの世界では

 

匿名の誰かに叩かれるのかもしれないけれど

 

 

 

 

 

それでもいい。

 

 

私の心は救われた。